人気の職業セラピストの資格を取って手に職を付けよう

資格と知識を得るために

女の人

様々な分野で活躍できる

言語聴覚士は食べる、話す、聞くと言った人間にとって当たり前だけれどとても大事な機能が、生まれた時から、或いはある日突然失われてしまった人達を支えることができる、とても重要な資格です。高齢化が進む中職業需要も高まっており、活躍出来る場も医療現場のみには留まりません。そんな言語聴覚士に目指すなら、まずは受験資格を得なければなりません。その際は国が定めた学校に通う必要があります。高校卒業後であれば指定の大学及び短大、もしくは言語聴覚士養成所と呼ばれる専修学校に通います。既に大学を出ている場合には指定された大学等の専攻科もしくは2年制の専修学校で学ぶというのが、受験資格を得るまでの一般的なルートです。

専門知識を学ぶには

こうして見ると受験までの道のりが長いと感じるかもしれませんが、言語聴覚士は専門的な知識を多く必要とします。言語聴覚士として必要な知識を得るには、専門の過程がある大学や専修学校等で学ぶのが最適です。学校に通うことの意義はそれだけではありません。同じ道を目指す仲間達の出会いはその後の支えとなるでしょう。資格取得後についてもその分野に詳しい先生方がサポートしてくれるので、安心して就職活動に励むことができます。高校卒業後に最短で資格取得を目指す場合は3年制の短大や専修学校を、幅広い知識や実務経験を積みたい場合には4年制の大学や専修学校を、と言った具合に、自分が描く道のりに合わせた学校選びをすると良いのではないでしょうか。